DB103のMiniature World Ep. IV

YAHOOブログの閉鎖に伴い、こちらに移転してまいりました。ドイツ型HO、日本型N、アメリカ型Nなどを気軽に気楽に楽しんでおります。どうかよろしくお願い致します。

西ドイツ国鉄 計測車 Messwagen Dienst üm 312 (Märklin 49961)

 ひょんなことから入線しました。

 西ドイツ国鉄の計測車 Messwagen Dienst üm 312 (Märklin 49961)です。

 黄色い車体が、かっこいいですね!

 この手の特殊車両は、通常製品の塗替えが多いのですが、この製品に関して言えば、完全な新金型のようです。

 両方の全面に運転台があるようで、ヘッドライトは両方とも装備されています。

 妻面の拡声器が面白いですね。

  本店で紹介しているEilzugwagen Verwendungsgruppe 52の運転車によく似ています。

 ただし、この模型は2灯です。

 両側面です。

 なお、Web検索で"Dienst üm 312"について調べてみましたが、残念ながら、Märklinのこちらの模型以外には、全く情報を得ることが出来ませんでした。

 似たようなMesswagenはあるのですけどね。

 本当によく出来ていますね。

 私的には1/100が実に惜しい!

 反対側のパンタです。

 こちら側はシューが絶縁されているようですが、これには意味があります。

 

 さて、この車は単なる計測車の模型ではありません。

www.youtube.com

 デジタル動作で、前照灯(両側)が点灯/消灯し、また、前後のパンタが可動します。

 パンタはただ動くだけではありません。上の写真のシューが絶縁されている側のパンタを使用して、模型の架線の状態を調べる架線試験車なのです。

 実際には架線の状態によって、室内の緑/黄色/赤のライトが点灯するようです。

 でも、残念ながらうちには架線がないので、本来の目的を達成できませんね。

 

 それともう一つ。

 こいつはメルクリンデジタルなのですが、なぜか、前のオーナーが集電機構を2線式にしてありました。

 これを動かすのはメルクリンのデジタル機器が必要で、DCCでは当然動作しません。

 しかし、2線式でメルクリンデコーダーを搭載している車両は恐らくですが、ほぼないと思います。

 ましてやうちではHO2線のアナログはKATOのKC-1なので、デコーダーには絶対に使えません。(パルス電流で壊れてしまいます。)

 まあ、三線式に戻すのはさほど難しくはなさそうですが、問題はシューですね。

 なんとなく27cmのUIC-Xや特急型と同じシューでいいような気がしますが、このあたりご存じの方がいらっしゃいましたら、どうかよろしくお願いします。

 また、メルクリンの別売シューですが、通販で買えるところありますかね?

 あんまり高いとだめですけど。

 

 

当方の本店です。ただいま客車写真の入れ替え中です。
↓   db103rheingold.web.fc2.com

↓当方も参加しております。どうかよろしくお願いします。

鉄道コム